メコンの木霊(日記)

月光とビアガーデン

Img_20190816_182746_1  友人と毎年恒例の高尾山マウントビアガーデンへ。台風一過、空は美しく、山も街の夜景も美しかった。そして写真には撮れなかったが、満月から一つ欠けた月のなんと美しかったことか・・ラオスの田舎に行くまで月光の威力を知らなかった。日本の町は夜でも明るいので満月も空にぽっかりあいた光のボタンにみえる。しかし夜が闇の場所はまったく異なる。満月の日は、野生動物も、闇を移動したい人間も、月の光の中にうかびあがってしまう。月光をシャワーのように浴びることができるのだ。Img_20190816_190105_1

それにしてもビールの写真を撮るなら飲む前に撮るべきだ。がまんできなかったんだよ!!Img_20190816_182711_1

もはや人間ではない。

 韓国から帰国してすぐ長野県飯田で毎年開催されるいいだ人形劇フェスタに参加。暑い飯田、ゲリラ豪雨の飯田で元気に楽しく上演。東京に帰ってきて健康診断を受ける。実は健康診断キライ。悪くなっていたのならそれまででしょ・・という主義。でも医療者としてご飯を食べている側面があるので、受けないと仕事さしてもらえません。担当看護師さん困る。「あ・あの、医療者だからわかりますよね?こんなこと普通ありえませんよね?だいじょうぶなんですか?」血圧は、測るたびに上がったり下がったり40以上。安静時脈拍なんと47。ふふふ・・もはや人間ではない。ほんとに妖怪になっちまったぜ。理由はたぶん長年続けている瞑想をふくむヨガ。血圧高いと言われるとめんどくさいから下げちゃえ。と思い、一瞬で瞑想状態になるとガガガ~とすべて下がっちゃうんだよ。別にどうでもいいけど。Img_5152 飯田の空、やっぱりすごい!!

韓国3

 いつも仕事でゆく韓国、滞在中は食券で指定定食屋でごはん。韓国の定食屋はたくさんの保存食(キムチに代表されるけど、もっといろいろ)&メインメニューをたのむのでとても健康的。今回はまったメインメニューは「ドジョウ汁」毎日たのんでしまった。いやあ~むちゃくちゃうまかった上にスタミナ満点。Img_20190725_203019_1

蓮華入りのマッコリ

 この時期に韓国にいて、具体的にかなり熱くなった悪感情を目の当たりにしたことは確かだ。しかしたとえばプロデューサーのお宅にお世話になった。茶の間には慰安婦像がデ~ンと置いてある。高齢のお母様にお会いするのは3回目。多国籍のたくさんの人が出入りする家だが、お母様は私をしっかり覚えていてくれた(もちろん日本人として)料理に興味深々の私をまず自分がつくっているたくさんの調味料壺のところに連れて行く。ことばはまったく通じない。だまって味見させる。表情をじっとみて、こちらの顔が輝くと調味料を小分けの瓶に詰め、しっかり封をして渡してくれる。そしてしっかり抱きしめてくれる。お母様、日本は大嫌いなそうだ。でも日本と日本人である私は同じものではない。そう考えて助けてくれる人にいたるところでであった。もちろんひたすら感情的になっている方もいる。

写真は、そんなお母様自慢の近くの池に咲いている蓮華入りのマッコリ。かすかに蓮華の香りがする。Img_5398

韓国2

 韓国と日本、隣どおしなので今もいろいろ・・というか最悪。それとは別にいつも韓国にいくと微妙に不思議で面白い。たとえばラオスはなにもかもが日本とかけ離れているが、韓国は微妙感がなんともいいのだ。たとえば写真は、光州の普通の住宅をホテルの窓から撮影したもの。なにかがすごく韓流。若い女性の流行りのルージュとか、男の子のおしゃれヘアースタイルとかなにかがちがう。

今最悪・・といいつつも私たちは、韓国スタッフを中心にタイ、ラオス、日本、韓国でほんとに協力しなければ何もできなかった。だから通じないカタコト英語でみんなで励まし合いながら大きな一つの流れを作った。Img_5386

国際フェスティバルの多様性

 韓国光州で開催されたアジアマイムキャンプにトーといっしょに参加していた。韓国、ラオス、タイ、日本が参加。タイ、日本からの参加者はもちろん友達。こんなとき何が面白いって、なにかひとつ指令がでたとき、それぞれの反応が全く違う。指令をだすのは主催国韓国なので、もうすべてシッチャカメッチャカ異なっている。ラオスチームメンバーである私は、ラオス、タイの反応もわからないではない。日本メンバーといっしょに何だこりゃあと大騒ぎしながらも面白くて仕方ない。Img_5389

写真は、韓国でお寺につれていってもらったときのタイとラオスの反応。決してポーズをとっているのではありません。彼らは仏教のお坊様をみるとどこでもひざまづきこのポーズにあいなる。ただ近所のお寺のお坊様とお茶しただけなのに大感激のタイ・ラオスにつれていってくれた韓国ねえさんアゼンとする。 

チャンパーの花

 私のラオス名は「チャンパー」英名プルメリアという花の名だ。チャンパーはラオスの国花。日本で言えば桜の感覚。近く参加する韓国のフェスティバルへの準備真っ盛りのトーと私。トーはチャンパーをいっぱい飾りたいと意気込んでいるが・・少なくとも日本人は、あの花を見たとたんアロハーといって踊ってくださるハワイの踊り子さんを連想する。

Img_20190717_081732 

現在熊本空港。この雲、よく知っている。熱帯のスコール前後に出る雲。もはや日本の空は熱帯。

Img_20190628_185606

雲仙

長崎のどこかからフェリーに乗って熊本へ。青い空、広い海、むこうに見えるのは雲仙普賢岳。火山はなんでカッコいいのだろう。

Img_20190624_173552

有明海を移動中

週末移動だけなので、遊んでいるわたくし諫早湾の埋め立てをじっくり学習。ムツゴロウもみた。可愛かったが泥だらけなので写真撮れず。隣にいたクラゲ

Img_20190623_112750

より以前の記事一覧

プロフィール

無料ブログはココログ