« ホームページを移転しました | トップページ | ASEAN人形芝居の世界 »

チェオボン 〈ラオス×日本〉

Inforest

ラオスの人形遣いであり、クラウンでもあるラタナコーンとふたりのユニット。


ラオスの森にある木の実や流木。
ラオスの暮らしの中にある丁寧に編みこまれたカゴや日常品。
それらのモノとふたりの身体が互いに交感しながら不思議な世界をつくりだします。



ヨーロッパではオブジェクトシアターと呼ばれています。しかしラオスで生まれた私たちのパフォーマンスは、もっと素朴でアジア的。
日本の「おしらさま」の心に近いと思います。
モノに命を感じることです。

暮らしの中に自然が深くかかわっているラオスだからこそ生まれたこの方法。実は少し前の日本にも、たくさんありました。こどもの頃、木の実や草で遊んだ記憶はありませんか?

Img_1502

Single

基本は1時間の舞台作品です。
イベントや野外出演にも対応いたします。
詳しいお問い合わせは詳しいお問い合わせは右記の「メール送信」へどうぞ→

 

Shade

« ホームページを移転しました | トップページ | ASEAN人形芝居の世界 »

プロフィール

無料ブログはココログ