« チェオボンツアー開始 | トップページ | 集まった黒い人たち »

チェオボンツアー終了

 20日間の行程。生きてきた中でいちばんスケジュールがタイトなきついツアーだった気がする。その間、ずっと集中していたので、メールチェックさえろくにする気が起きなかった。最後まで、とても元気で、成田でトーを見送り、家に帰り、マッサージに行こうと思って予約電話をすると、ろれつが回らない。6分歩いてマッサージにいくのに、途中で失神するのではないかと思った。それほど気が抜けた途端に疲れがバケツで降ってきた状態。Img_2341

チェオボンの何がきついと言って、本や段取りがないので、毎回芝居が変わる。毎回、最高の集中とエネルギーがないと即興がよれよれになる。だから舞台上でときどきあいさつなどしていますが、あの時点でまだ現実には帰っていない。異次元に飛び込んで、ゆっくりはい出してくるのって、ほんとに毎回、火事場にいったみたいである。

終わるとすごくさびしいが、途中では、プレッシャーに負けそうになって、早く終わればいいと思う。そしてまた、すごくさびしくなって、早くチェオボンがやりたいと・・すでに今日、思っている。

« チェオボンツアー開始 | トップページ | 集まった黒い人たち »

メコンの木霊(日記)」カテゴリの記事

プロフィール

無料ブログはココログ