« 中央線に乗って | トップページ | ガラにもなく経済の話 »

不思議な夢

 あまりの奇想天外さに自分でもあきれたが、動物が運動会をしている夢を見た。ゾウ、にわとり、ヤモリ・・などたくさんの動物が、雑多に交じっていっしょに徒競争のスタートラインに立つところから始まる。夜中に一度起きて、あきれたが、また眠ると続きを見た。長い長い夢だった。

出てくる動物は様々だが、それぞれはなじみの個体である。ゾウは、○村のあのゾウ、ニワトリは隣で飼っているあのへんな泣き声のニワトリ。みんなラオス暮らしのおなじみだ。そう、ラオス暮らしの中では、森も木も、種類だけでわけているのではない。すごく仲の良い犬も、しばらく日本にいて、ひさしぶりにラオスに戻ると、すっかり忘れていて、ちょっと吠えたりする。まったく情報分析できないところが好ましい。村にいる薬草採りのおばあさんは、草もみんな違うという。
 なにかとてもうれしくなる夢だった。

« 中央線に乗って | トップページ | ガラにもなく経済の話 »

メコンの木霊(日記)」カテゴリの記事

プロフィール

無料ブログはココログ