« 初詣 | トップページ | またもや消防の話 »

情報過多

 最近、主にネットを通じて山のような情報が流れ込んでくる。自分でもついネットであれやこれやとチェックしてしまう。たとえばニュースで知った出来事に対しても、心は動くが、茶の間で知った遠くの悲劇に即反応するわけではない。

そんな中、情報をもとに作品を創作するというような依頼がちらほらとはいり、困惑している。私がラオスで衝撃を受け、傾倒していった劇とは、舞台上でそのままパワフルに生きてゆく彼らの姿勢だった。厳しい現実と真摯に向かい合って生きている彼らが作る舞台は、ときに日本人には理解できない感覚や現象がある。しかし、それが情報分析ではなく、実感である限り、理屈が理解できなくても、心は大きく揺さぶられてゆくのだった。そのような方法でしか上演をしたくないと決めた。最近、なだれ込んでくる情報、情報だけを基にして自説を展開する人々に少々うんざりしています。

« 初詣 | トップページ | またもや消防の話 »

メコンの木霊(日記)」カテゴリの記事

プロフィール

無料ブログはココログ