« 五月晴れ | トップページ | 低音美人 »

Jerry Fish

ナチュラルダンステアトルの新作「Jerry Fish」を観に行った。実力のあるダンサーと中村しんじ氏、川野眞子氏夫妻の個性的な料理法??ですばらしい舞台だった。ダンスがすべて好きなわけではない。このふたりの作り方がすばらしいこと。出演ダンサーがそこに今、生き生きと生きているたたずまいがあること。

昔からまこちゃんのファンだった。なんどか一緒に作品に参加した。8年ほど前、まこちゃん、えりか、わたしの3人は、ユニットを結成した。わたしたちは、既成のダンスから少し離れた「地球の命あふれる身体のどこか?」を探し作品を1本作った。そのころ私以外の二人は国内外で売れまくっており、一緒に会う時間を作るのは至難の技だった。もっとばあさんになって、もう少しひまになったらもっともっと作ろう。と誓い合ったが、えりかが逝ってしまった。

それから私はラオスのあやかしまっしぐらだし・・まこちゃんは、今でも大忙し。だれもそこに共通の想いがずっとつながっているなんて思わないだろうな。でも昨日、ダイナミックな舞台とまこちゃんの踊りを久しぶりで見て、強く感じた。地球は生きている。

« 五月晴れ | トップページ | 低音美人 »

メコンの木霊(日記)」カテゴリの記事

プロフィール

無料ブログはココログ