« 百姓として生きてゆくこと | トップページ | 口は災いのもと »

米食

クーラー利きすぎのベトナム航空夜間フライトで帰国。成田に着いたらくしゃみ止まらず。

ひさしぶりの日本食。でも、なんだか物足りない。なにしろラオスでは、唐辛子を利かせ、ごったり煮込んだ味の濃い料理と生どくだみをばりばり食べ、もちごめを朝から山ほど食べていた。Img_2442


こちら近代的な台所。でも、もちごめをふかすときは、旧装置がおいしい。いまでは、海外帰りの家庭など、もちごめをあまり食べない家庭も増えてきたらしいが、私がお世話になっている周辺は、とにかくなんでももち米。お昼などにあっさりおいしい麺料理を食べることも多いが、原料はみんな米。おかずにも隠し味として炒った米を使っているものが多く、とにかく米。毎日、あきれるほどビールを飲んでいたが、これは最近の文化。田舎にいけば、お酒も米。

で、個人的感想かもしれないけど、なんだか力がでる気がします。

« 百姓として生きてゆくこと | トップページ | 口は災いのもと »

メコンの木霊(日記)」カテゴリの記事

プロフィール

無料ブログはココログ