« 説明がわからん | トップページ | 日本語だって難しい。 »

通信について

ラオスの山の中に住んでいる父ちゃんの家には衛星電話がある。霧が多いその地域は天候によってつながらないことが多い。昨日、電話するとつながった。「快晴だからなあ。きっと日本まで快晴なんだろうなあ。」と父ちゃんは嬉しそうに言った。ラオスから日本まで3000kmの空が快晴というイメージが広がった。でも、ほんとは大気圏を突破して、衛星からの電波なんだよねえ。

繋がりすぎる通信事情の中、他のことでアタフタ大忙しのところに突然、明日までに処理してほしいという仕事がどんどん割り込んでくる。それもラオスに関すること多数・・トーに電話するとこれまたつながってしまう。「本番直前なんだよ!電話なんかするな!」と怒るトー。現場に携帯があることがいけない。昨日は一日中、どんどん勝手にやってくるメールやら、電話やら、チャットやら、スカイプやらに国際的規模でトーと私はいら立っていた。20年ほど前のラオスでは、一般家庭に電話はなく、伝書鳩からloveletterをもらった経験がある。不便だったけど、いつでも優しい気持ちでいたよなあ・・つい懐かしんでしまいます。

« 説明がわからん | トップページ | 日本語だって難しい。 »

メコンの木霊(日記)」カテゴリの記事

プロフィール

無料ブログはココログ