« 未知の待ち合わせ | トップページ | 韓国日記 2 »

韓国日記1

韓国に着いて、まず舞踏家Sさんの家にお世話になった。2011年以来の本格的作品発表なので、チェオボンは稽古場をお借りしてまず作品を考える。チェオボン結成当時、作品を3分つくるのに2週間、朝から晩まで稽古して間に合わなかった。今回、スカイプなどで打ち合わせはしていたが、稽古を始めて1時間後に炭火で焼く本格的韓国焼肉の香りが稽古場まで漂ってきて1時間ほどで作品完成・・というか稽古墜落。もちろん翌日も朝、2時間ほどリハーサルをしたが、とにかくあっという間に30分作品完成。積み重ねがあるってすばらしい!!のか、焼き肉のにおいに動かされる私たちは、ニンジンをぶら下げて走らされる馬と同じということでもあるけど。

Photo




« 未知の待ち合わせ | トップページ | 韓国日記 2 »

メコンの木霊(日記)」カテゴリの記事

プロフィール

無料ブログはココログ