« VF2 ジャンボーパレード | トップページ | 奇妙なミッション »

VF3 ワークショップ

平均年齢が50代後半というふざけた年齢の日本チームはアジア7カ国混在作品創作というワークショップが、精神的に苦であった。だって文化もことばも技能も違うのにうまくコミュニケーションするだけでたいへんなのは火を見るより明らか。_dsc6300


ところが始めてみるととってもわくわくした私たちは、タイのマイムチーム、日本のマイミストそしてラオスのすごく若いさまざまなジャンルのアーティストたちつまり主催者がちゃんと近いジャンルでグループを分けてくれていた。が、タイ語、日本語をつなぐのは、しどろもどろな私のラオス語ということになり、ひたすら頭だけが疲労困憊。

そんな中、癒してくれたのは、私とトリオシーンがあるラオスのチャーミングなおかまカップル。練習風景写真、私の後ろに立っているお嬢さんは「アキラ」彼女?は、恋人エディー(一番後ろにいるちょんまげみたいなへんな髪の彼?彼女?)が参加するので、なんにもやったことないのについてきただけ。しかし、途中でおこる「男と女、雨のあいびき」シーンでは、すんなりタイの素敵な男の恋人役に決定。ふたりともとっても性格がよくてあんがいまじめ。重い荷物に四苦八苦していたら、ひょいと持ち上げてくれて「あたし、あんがい力持ちなのよお。男みたいでしょ。うふっ」などとにっこり。とにかくこのふたりのおかげで幸せな時間を過ごしました。

« VF2 ジャンボーパレード | トップページ | 奇妙なミッション »

メコンの木霊(日記)」カテゴリの記事

プロフィール

無料ブログはココログ