« メンタルの強さ | トップページ | アラライ・ライブ »

百日紅

百日紅の花と蝉の声。日本の夏の好きな風景。

ラオスで、さるすべりの木を子ザルが滑って遊んでいて、唖然とした。
まずラオスのさるすべりの木は、高い。5mほどあった気がする。そこを一気に滑り降りるため、かなりすごい。なので老ザルは、そんなことをしない。するのは無駄に元気な子ザルたち。しかし、ウオータースライダーと違うところは、すべりおりるためには、ツルツルの木を登らなければならないということだ。子ザルたちは、登る。途中で落下してしまうやつ。どうしても途中でどうにもならなくなるやつ。昔話。「蜘蛛の糸」を思い出す風景だった。自然はときどき無駄にすごいものを見せてくれる。
Img_20160815_132118_2

« メンタルの強さ | トップページ | アラライ・ライブ »

メコンの木霊(日記)」カテゴリの記事

プロフィール

無料ブログはココログ