« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

夕日

 アジアの様々なところに夕日を観に行って喜んでいる。昨日は、多摩川の夕日。場所は東京都大田区だけれど、富士山がくっきり見えます。

 どこの夕日もそれぞれで、毎日観に行っていたメコンの夕日は、毎日違っていた。いままでナンバー1は、まだゴールデントライアングルと呼ばれていたころのルアンナムターの某場所メコンの夕日。Img_4652

それぞれの価値感

 仕事のパートナーであるトーが昨年末から突然出家したままである。突然というのは正しくない。一昨年くらいから急激に大きな仕事を仕切るようになり、まっすぐな創造性だけではすまなくなって、外国を含めた政治的かかわりや複雑な金銭の取引に翻弄され続けていた。昨年会ったとき、「出家して少し心を清めたい。」とは言っていた。しかし、どんなにラオスの価値感に慣れたふりをしている私でも、大きな案件が右往左往している最中にほんとに出家することなどないだろうと思っていた。だが、ラオス人である彼にとって、ビジネスが急上昇している今こそ、心を清めることが重要なのだ。それによってこうむる不利益。つまり次々に降ってきていたおいしい話を断絶してしまうことなど恐れてはいなかったのだ。


まったく連絡がつかないわけではないが、仕事関連の連絡は遠慮している。日本サイドからはふざけるなという声が聞こえるが、ラオスの時間はいけいけどんどんだけでは決してない。彼らの価値感を認めるということに慣れるには、ずいぶん時間がかかった。しかし、かれらの生き方が、時に「まっしぐら」よりずっとずっと美しい輝きを放つ瞬間を何度も見てきた。

2017年

 お正月は、某場所の縁日で朝から夜遅くまで七味唐辛子を売っていた。その縁日でバイトをしていた若い学生さんに元旦一発目、「普段は何をしている人なんですか?」と聞かれる。そりゃあ、こまったなあ・・と、かなり困ってしまった。Img_4648


とにかく2017年、今日は遅まきながらおもちを食べて、年末にいただいた布でジャンパースカートを作ろうと大家さんからミシンを借りてくる。今年もどうなる事やらです。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

プロフィール

無料ブログはココログ