« カミサマはゆらぐ。 | トップページ | 道を探す »

都会の子

ラオスも事情は日本と同じ。首都ヴィエンチャンで生まれ育っていた親戚の男の子は、テレビゲームばかりして外に出ず、すぐ疲れてしまうし、家事は一切できないし、いじめにもあっていた。その一家が1年半前、実家のあるジャングル村に帰るという。私は本気でその子が死んでしまうのではないかと思った。電気がやっと通ったばかりのその村。自然は雄大で美しいが、生活の厳しさは半端ではない。

Img_4678

この写真は、そこを訪問した友人一家が撮影した子どもたちの写真。女の子達は日本人。男の子が件の子だ。まなざしが変わった。友人一家いわく、水汲み、弟の世話何でも率先しておこなう力強い子だったよ。感心しきり・・
 信じられない・・変わるのだ!!ほんとに心から驚いた。彼は写真のバックに映るあの森の中で力強く元気なのだ。

« カミサマはゆらぐ。 | トップページ | 道を探す »

メコンの木霊(日記)」カテゴリの記事

プロフィール

無料ブログはココログ