« 自然を見る目 | トップページ | 至福の時間 »

災害

 日本でも大雨など災害が頻発し、年ごとにたいへんなことになっている。これは世界的傾向だ。今年、ラオスは大変な災害に見舞われている。雨季後半の洪水は毎年のことで比較的みんな慣れているが、今年の災害はダムの決壊だ。海外資本で作られたダムが、決壊。ここ数年で作られた膨大な数のダムはすべて海外資本が絡んでおり、その多くが現在決壊危険状態にある。簡単に決壊してしまうダム。つまりこれは人災だ。

 わが親戚村の側のダムも決壊危険情報が発令され、従業員(全員中国人)は全員逃げてしまった。さて・・山奥にポツンとたたずむわが親戚村・・SNSで聞いてくる。「逃げろと言われても・・どこに逃げるのさ。」ラオスは今まであまり大きな災害に見舞われたことがなかった。政府や行政に災害支援準備は皆無。村々も未経験。著しい知識不足。車などを雇って逃げるには村に金などない。逃げてゆく避難所などどこにもない。たしかに・・どうしたらよいか途方に暮れるだけだ。数日前から環境NGOなどに連絡を取って対応策を模索しているが、政治的事情もあってどうしようもない。歯がゆい!!人間の欲による人災!!どこまでもつづく。

« 自然を見る目 | トップページ | 至福の時間 »

メコンの木霊(日記)」カテゴリの記事

プロフィール

無料ブログはココログ