« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

地霊が住む場所

ひとりで稽古中、行き詰って近くの神社にお参りに行く。Img_20181127_103414 ラオスの精霊を自称するワタクシ。ご利益をもとめてではなく、大きな樹に会いに行くのだ。ここ東京23区内、大きな樹は、神社にしかない。神社由来の看板を読んで知る。神社自体は鎌倉時代に建てられたが、最近、この地から石器時代初期、その後の弥生時代の土偶が発見されたそうだ。ラオスでは今でも、新しい土地に移動するとき、霊感がある人が先頭に立ち、「ここだ!!」と言うところにラクムアンというしるしを建て、そこを基準に村を作ってゆく。日本でも地霊が住む場所がわかる人にはわかるらしい。などと大きな樹と語り合いながら、ひたすらさぼっている。

紅葉

桜も好きだが、紅葉の方がなんだかゆったりしている。

昨日は、紅葉の中5時間も山を歩いてしまい、本日筋肉痛。Photo

富士山

ひさしぶりにひとりで山歩き。ラオスでトーに言われた「木の根は水を吸う。これわかる?」という会話が私が目指す表現を変えた。仔細は何度も書いたので省略するが、「知識」でわかるか?という意味ではない。体感として実感できるか?ということ。山を歩くと、あらためてこの言葉を思い出す。そして体感というものは、獲得できたとしても日々それらと向き追うことなく日常を送っていると摩耗してゆく。ラオスでさえ首都で生まれ育った若者たちに現在その感覚は薄い。


Photo 秋晴れで山頂から富士山がくっきり!なぜ富士山はあんな特別な姿をしているのだろう?ただもう感動。

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

プロフィール

無料ブログはココログ