« 「寒い」という概念 | トップページ | 多様性 »

カオニャオ・デフの来日

カオニャオ・デフが来日した。ほとんどのデフメンバーははじめて靴をはき、自分のカバン(ほとんど借り物だけど)を持って出発した。来日目的であるワークショップとコラボレーションはたいへんみのり多いものだった。たいへんだったのは生活。ホテルはシングルでカードキー。カードキー自体初めての概念なので、いろいろトラブル。密閉された空間なので、一度入室してしまえば連絡を取りたくてもデフメンバーにはノックも、電話も意味が無い。プライバシー保護意識が強い日本では、外の人間が「何号室、開けてください。」と言っても開けていいわけがない。彼らは、時差も含め不慣れな時間に起きてロビー集合しなくてはならない。日本の聴覚障害者は特別の体感目覚ましをもっているが、彼らにそんなものはない。それぞれ考えた。備品のやわらかいスリッパに自分の携帯電話をいれバイブに設定しておでこに縛り付ける人。ひもを足の指につなぎ、先をドアの外に出しておく人。どちらも結局うまくいかなかったけど・・とにかく毎日大さわぎ。あ~楽しかった!!と彼らは言った。よかったよかった。私は眼の下にクマ。Img_5385

« 「寒い」という概念 | トップページ | 多様性 »

メコンの木霊(日記)」カテゴリの記事

プロフィール

無料ブログはココログ