« 韓国2 | トップページ | 韓国3 »

蓮華入りのマッコリ

 この時期に韓国にいて、具体的にかなり熱くなった悪感情を目の当たりにしたことは確かだ。しかしたとえばプロデューサーのお宅にお世話になった。茶の間には慰安婦像がデ~ンと置いてある。高齢のお母様にお会いするのは3回目。多国籍のたくさんの人が出入りする家だが、お母様は私をしっかり覚えていてくれた(もちろん日本人として)料理に興味深々の私をまず自分がつくっているたくさんの調味料壺のところに連れて行く。ことばはまったく通じない。だまって味見させる。表情をじっとみて、こちらの顔が輝くと調味料を小分けの瓶に詰め、しっかり封をして渡してくれる。そしてしっかり抱きしめてくれる。お母様、日本は大嫌いなそうだ。でも日本と日本人である私は同じものではない。そう考えて助けてくれる人にいたるところでであった。もちろんひたすら感情的になっている方もいる。

写真は、そんなお母様自慢の近くの池に咲いている蓮華入りのマッコリ。かすかに蓮華の香りがする。Img_5398

« 韓国2 | トップページ | 韓国3 »

メコンの木霊(日記)」カテゴリの記事

プロフィール

無料ブログはココログ