« 台湾 | トップページ | 新緑 »

国境

 ラオスは、5つの国に囲まれているので周りは全部国境。写真は国境がメコン河の場所である。ジャングルの真ん中に国境ラインがあり、国境警備隊と一緒に歩いていたのにいつのまにかタイに入っていて大慌て。という経験もある。しかしやはり国境はどこも独特の緊張がある。そして1990年代、まだカンボジアが内戦中でラオスの治安もかなり問題があった当時、「ほら見てごらん」といわれて国境沿いのメコン河をみると死体がゆっくり流れていた。パンパンにふくれた見る影もない死体。おしえてくれたおじいさんは、毎日のように流れてゆく死体を見ると言っていた。内戦当時、または終結直後の混乱期には逃げようとする難民が銃で撃たれ日に何体も何体も死体が流れていったそうだ。看護師としてご遺体を見ることには慣れていたが、河を流れてゆく無残な死体は衝撃的だった。なぜ、いまそんなことを書くか・・世の中がどんどんリモート化されてゆく昨今、私にとってラオスの体験とは、生のものに触れる体験だったと強く思うからだ。画像やデータではない生のものとの邂逅は人生を変える力を持っている。Img_1766

« 台湾 | トップページ | 新緑 »

メコンの木霊(日記)」カテゴリの記事

プロフィール

無料ブログはココログ