« コケに会いに・・ | トップページ | 会うということ。 »

密林

 まだ幼いころ、「みつりん」というものにあこがれた。そのきっかけはアンリ・ルソーが描いた「夢」という絵画だった。その後ラオスで密林を歩く。密林は決してルソーが書いたような楽園ではなかったが、やはり心躍る美しい空間だった。コロナ&梅雨の季節。やはり「密林」にあこがれる。生の自然が本能のまま情け容赦なく息づいている世界にまた行きたいと願う。800pxhenri_rousseau__il_sogno

« コケに会いに・・ | トップページ | 会うということ。 »

メコンの木霊(日記)」カテゴリの記事

プロフィール

無料ブログはココログ