« 会うということ。 | トップページ | 太陽は危ない。 »

梅干し

 毎年、おいしい梅干しを届けてくれる友がいる。彼女が今年は途中までの梅干しを送ってきた。曰く「今から干せ。真夏の太陽にいっぱいあてろ。」というわけで狭いアパートの小さなスペースながら梅雨明けの典型的夏の太陽に干している。緑濃い草花(雑草だけど)セミの声、そして梅干し。なにか梅を干しているだけでぜいたくな夏を味わっている気分。Img_20200804_155015-002

« 会うということ。 | トップページ | 太陽は危ない。 »

メコンの木霊(日記)」カテゴリの記事

プロフィール

無料ブログはココログ