« どこで牛を解体するか? | トップページ | 秋の山 »

肉を食べるということ。

現在私は、学校を回ってラオスをルーツにもつパフォーマンスを上演し、写真をみせながらラオスのくらしの話も少しする活動をしている。前回、牛の解体のついてブログに書いたすぐあとに某小学校5年生に市場で売っている生きた鶏の写真を見せると、女子児童が発言を求めた。彼女は明らかに怒っていた。そして「動物を殺すなんてかわいそうすぎる!!」という。他の児童も若い教師も彼女の意見に同意し、うなづいている。う~ん。理屈で説明するのは簡単だが、感情的に私たちが自然と直接つながっているということを説明をするのは難しい。その場では淡々と前回ブログに書いたことと同じことを説明したが、どのように表現すればつたわったかなあ・・と今も悩む。たくさんの事柄についてラオスの文化がこどもたちに伝わらないことを感じる。

さてアップした写真は、我が家近くの大田黒公園。近くにこんな安らぐ場所があったことを10年以上知らなかった。Img_20201103_090146

« どこで牛を解体するか? | トップページ | 秋の山 »

メコンの木霊(日記)」カテゴリの記事

プロフィール

無料ブログはココログ