« 謹賀新年 | トップページ | 季節外れの桜 »

豆を煮る。

 友人から青豆をいただき煮る。一晩水につけ、翌日長い時間灰汁を丁寧にすくいながらコトコトにこむ。つまり大変時間がかかる。珍しく在宅時間が長いのんびりした一日だったのでできたが、ふだんなかなか手が出ない。つくりたいラオス料理はいろいろあるがどれも大変に手がかかる。ラオスの人々は集まっておしゃべりしながら3時間でも4時間でも料理をする。特別な日ではなく日々そうやって暮らしている。おいしい豆を煮て感じたが、日本で働きながらこれをやるのは確かに特別だ。やはりせわしい国だなあ。Img_20210109_084601-2

« 謹賀新年 | トップページ | 季節外れの桜 »

メコンの木霊(日記)」カテゴリの記事

プロフィール

無料ブログはココログ