« 河とくらし | トップページ | 秋の終わり、洪水警報 »

星降る夜に

 好きなK-popグループメンバーがニュージーランドで天の川をみて、生まれて初めて見た!!天の川って肉眼で見えるんだ!!と大感激している映像を見てびっくりした。なるほど・・そうなのか・・

私は幼いころ岩手県にいて 家風呂がなかったため夜に銭湯にゆきその行きかえり、いつも天の川を普通に見ていた。それでもラオスに通うようになり、電気の通っていない森の村々でみる今にも降ってきそうな星空に出会ったときはほんとに感激していつも夜空をながめていた。東ティモールではじめてあこがれの南十字星をみたときは「へっ?あれ?」と拍子抜けした。それは認識違い。南十字星の重要性は ながめることにあるのではなく昔、星を基準に位置確認をしていた時、とても重要だったのだ。つまり・・星というのは 時代、時間、場所でどんどん見え方が変わってゆくものなんですね。

やはり今はラオスの降るような星がとても見たい。・・と昨夜トーにいうと「いまじゃラオスでもあそこまでの夜空はほとんどみられないんじゃないかな。」と悲しいことを言っていた。Img_20211118_073039

« 河とくらし | トップページ | 秋の終わり、洪水警報 »

メコンの木霊(日記)」カテゴリの記事

プロフィール

無料ブログはココログ