« いまどきの国境 | トップページ | 限りなくたいへんな字幕制作 »

コラボレーション

 トーが日本のアーティストと行ったクロストーク画像の翻訳と編集中。あらためて感慨深い。コラボレーションの話題。コラボの面白さを話す日本アーティストに対しトーは「日本の○○とおこなった長期コラボはバトルの連続で全くわかり合えず無理だと思った。」日本の○○とはその場で通訳をしている私だ・・ラオスで彼らのパフォーマンスを見て自分にはない深い自然と共感性に感化され飛び込んだ。しかし観てよいと感じることと実際に自分でその表現を行うことには大きな差があり、なまじ私が20歳以上年上でキャリアもあったため大バトルとなった。文化の差とはコミュニケーション、感性の差でもある。大喧嘩の末、何度か解散している。それが現在、コロナ禍で会えないにもかかわらず、お互いに一番表現活動をしやすい わかりあえる相手であることが不思議でしかたない。トークの中でトーは言う。「ぶつかりながらできてきたものは ラオスでも日本でもないものでした。そしてラオスでも日本でもあるものでした。」

« いまどきの国境 | トップページ | 限りなくたいへんな字幕制作 »

メコンの木霊(日記)」カテゴリの記事

プロフィール

無料ブログはココログ