« 雨の気配と死の知らせ | トップページ | 豊洲市場 »

停電or断水

 友人が台風直撃時に静岡に仕事で滞在しており丸一日停電と断水に直面。かなりたいへんだったようだ。現在、私達は何から何まで電気に頼って生きている。なので停電はたいへんだ。ラオスの親せき宅、頻繁に行っていたころ電気も水道もはじめからなかった。そこに最大3週間滞在。調理は薪だし、冷蔵庫はないという前提で毎日食料を調達するし、夜になれば簡易ランプのほのかな明かりの中で歌い、演奏し、踊って過ごすのであまり不便ではなかった。しかし、水はたいへん。家は小山の上にあり、川は下。そこから水を汲んで天秤棒でかつぎあげる。これは調理に使い、洗濯や身体を洗う(手を洗う)などをすべて川まで下りる。ちょっと手を洗うとか歯を磨くにも山を下り、登る。水道がないのはほんとうにたいへんだった。いまだに私は断水の方がこわい。

« 雨の気配と死の知らせ | トップページ | 豊洲市場 »

メコンの木霊(日記)」カテゴリの記事

プロフィール

無料ブログはココログ