« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年11月

祈りが足りない。

 ラオス、カオニャオシアター帰国。発表を挟んで最後の2日間、ほとんど寝る暇がなかったため、成田空港で彼らがゲートに入ると、あとどうやって帰ってきたかなどほとんど覚えていません。疲労困憊。

で・・その2日前の出来事。突然トーが「祈りが足りない・・」といってしゃがみこんでしまう。若いメンバーも次々に「あ~祈りが欲しい」といって頭を抱える。「どうすりゃいいのか?」ときくと寺に連れて行ってくれとのこと。しかし、夜寝る暇もない状態で近くに寺はない。そしたら公演231125134709172 会場の側で寺を見たという。あれは寺ではない。神社。仏教ではない。というと「そんなの関係ない。祈るのは仏様宛だから大丈夫」とトーがいい、「はじめから仏教じゃないからどこでもいいけど、祈るのは自分の神様」と少数民族のソーンがいう。なんなんだそりゃ・・この忙しいスケジュールの中でディレクターとプロデューサーになんて説明しようか悩んだが、言ってみると・・「もう、はじめからわからないことばかりなので慣れた。やりたいようにして!!」とのこと。神社に連れて行って、まず私が日本式にお参りしてみせたあと、次々お参り。形式は日本式だが祈りはそれぞれらしい。とにかく長いお祈り・・そして無事公演は成功しました。もう一度言うが・・なんだそりゃ。

理解できないから面白い?

 ラオスチームは、日本の方々とコラボレーションで創作中。とうとう今日は発表のための小屋入り。・・で、こんなにもわかりあえないものなのか・・というくらい創作の課程、上演の仕方がちがうため大混乱の日々だった。通訳もしなければならない私は、毎日胃薬を飲む羽目になったが、ラオスチームはというと少しづづは日本の意図がわかってゆくけれど演出も求められるトーも、全く概念としてコンセプチュアルな世界が理解できない他のメンバーも毎日、楽しかったらしい。なぜなら「わからないから」「初めての経験だから」・・帰宅時げっそり疲れ果てている私とにっこにこのメンバー。いつもかれらの強靭だけど柔らかく、楽天的だけど前に進もうとするメンタルに助けられて生きている。231122152844624 231122131818757

来日したカオニャオ

 13日早朝に来日したカオニャオシアター。その日からボケナス通訳であり、コーディネーターであり、みんなのママであるわたくしは大混乱な日々。ホテルスリッパで散歩しようとするやつ。電車のドアが開いているのに乗るのを躊躇してホームに置き去りになるやつ。サーモンが好きすぎて調理用鮭を生で食おうとするトー・・そのたびに大騒ぎする私。みんなと別れてひとり帰路につくころはもう気絶しそうになっている。それなのにさっそく携帯がピーピーなり、コンビニでビールが買えないだの。電子レンジってどうすんだ?だの・・休まらないでござる。

ダウンロード - omote.jpg

 

 

 

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

プロフィール

無料ブログはココログ