« 理解できないから面白い? | トップページ | 初冬、夜の首都高 »

祈りが足りない。

 ラオス、カオニャオシアター帰国。発表を挟んで最後の2日間、ほとんど寝る暇がなかったため、成田空港で彼らがゲートに入ると、あとどうやって帰ってきたかなどほとんど覚えていません。疲労困憊。

で・・その2日前の出来事。突然トーが「祈りが足りない・・」といってしゃがみこんでしまう。若いメンバーも次々に「あ~祈りが欲しい」といって頭を抱える。「どうすりゃいいのか?」ときくと寺に連れて行ってくれとのこと。しかし、夜寝る暇もない状態で近くに寺はない。そしたら公演231125134709172 会場の側で寺を見たという。あれは寺ではない。神社。仏教ではない。というと「そんなの関係ない。祈るのは仏様宛だから大丈夫」とトーがいい、「はじめから仏教じゃないからどこでもいいけど、祈るのは自分の神様」と少数民族のソーンがいう。なんなんだそりゃ・・この忙しいスケジュールの中でディレクターとプロデューサーになんて説明しようか悩んだが、言ってみると・・「もう、はじめからわからないことばかりなので慣れた。やりたいようにして!!」とのこと。神社に連れて行って、まず私が日本式にお参りしてみせたあと、次々お参り。形式は日本式だが祈りはそれぞれらしい。とにかく長いお祈り・・そして無事公演は成功しました。もう一度言うが・・なんだそりゃ。

« 理解できないから面白い? | トップページ | 初冬、夜の首都高 »

メコンの木霊(日記)」カテゴリの記事

プロフィール

無料ブログはココログ